FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- --:-- : スポンサー広告 :

初めてトルコリラ円の短期売買をした

週末、初めてトルコリラ円の短期売買をしました。
通常ポジションを持ったらスワップ目当てで寝かせておくのですが、今回は17時間ぐらいで手放しました。
50.0円代では1枚も持っていないので買っておこうと思い、木曜日に1万通貨買いました。その後、1日の間に1円ぐらい上がったので、決済しました。

またすぐに50円に戻るだろうと予想していたのと、スワップで評価損益7000円稼ぐには2ヶ月半ほどかかるので思い切って決済しました。

0125.png

50.095で買
50.824で売
50.154現在

◎現在のトルコリラ円取引状況
セントラル短資FXで5万通貨 評価損益-7万円
M2Jトラリピで2万通貨 評価損益+3万円 を保有しています。
スワップは1日500円以上得ています。


スポンサーサイト
2015-01-25 10:09 : トルコリラ : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

トルコリラの金利が下がった結果、スワップが100円を切った。

トルコ中央銀行が金利を下げました。
2014年7月以降8.25%で推移していましたが、今回発表されたのは7.75%です。
0.5%下がりました。


ただ、下がるだろうなという予感は素人目でみてもあったので、

スワップ減少⇒政策金利がさがったんだ

と即座に理解できました。
今日提示されたスワップ99円がこのままなのか、さらに下がるのかわかりません。
ただただ、ポジションを保有し続けるだけです。

現在は
セントラル短資FXで5万通貨 評価損益-7万円
M2Jトラリピで2万通貨 評価損益+3万円 を保有しています。


2015-01-21 18:55 : トルコリラ : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

トルコリラ円のスワップが下がった理由

マネースクウェアジャパンのトルコリラ円のスワップが11月末で100円近くあったのに対して、本日40円になっていました。
同じくセントラル短資も100円以上あったものが87円になっています。

11月20日発表で政策金利は据え置きになりました。そのため、通常であればスワップはそのまま変わることはありません。

では何が影響したのでしょうか?

キーワード週末、祝日、マイナー、そして流動性です。

1.週末
もともとFXは週末は活発に取引されない傾向にあります。土日の間の48時間に世界をゆるがす事件が起きたら?月曜に絶対に大きくマイナスになると分かっていても為替市場が空いていないので手を出せません。そのため、週末は積極的に売買する人があまり存在せず、流動性が低下します。

2.米国の祝日
アメリカでは毎年11月の第4木曜日が感謝祭(祝日)になります。(多くの人が金曜日も休みをとり大連休を楽しむみます。)そのため、為替と密接な関係のある米国市場がお休みになります。また、銀行や機関投資家も休日なので売買を行いません。そうすると、流動性が低くなります。

3.マイナー通貨
トルコリラ円はマイナー通貨にあたります。そのスプレッドの高さから分かるとおり流動性が元々低い通貨です。

トラリピトルコリラ円スワップ40円のからくりは、週末+米国の祝日でトルコリラの供給側の流動性が低下したこと、他の通貨はメジャー通貨だったため問題なかったが、トルコリラ円はマイナー通過でもともとの流動性が低かったことから、スワップが著しく下がったということです。

トルコリラ円はクロス円になるためドルの売り買いが活発であれば政策金利どおりのスワップが得られます。今回のように米国の休日と週末が重なると高金利通貨(新興国通貨)は著しく流動性が低下するので気をつけたいところです。
そのうちスワップも元の水準に戻ってくると楽観視しています。

なお、12月25日もアメリカではクリスマス休日になるため、その後一時的にスワップが下がるかもしれません。

用語:FXの流動性とは
流動性とは対象の他のものへの交換のしやすさのことを表しています。FXの場合では、その通貨がどれだけ交換・取引のしやすい通貨かということを指します。もしかしたら流動性のせいで取引ができなくなるかもしれないリスク ・・・ それが流動性リスクです。(参考:FXの流動性リスクとは相手がいなくて売買できなくなるリスク


追記:
FXdeおしゃべりで
「スワップカレンダーによると12月からのスワップが1日あたり40円になっていました。今までの半分以下!これだとトルコリラで取引する魅力も少ないと思いますが、ここまで急激に下がる理由はなんでしょうか?」
という質問に対して、トラリピのスタッフがスワップ低下の理由を回答していました。

トラリピの公式回答
「先週末は米国の祝日(サンクスギビングデー)により、トルコリラの供給側の流動性が著しく低下したため、スワップ金額が低下いたしました。本日(12月3日実現分)は1万通貨あたり90円と先週初旬レベルに戻しておりますのであくまでも一時的な低下であったと考えております。」

回答内容全文はこちらから 
https://www.m2j.co.jp/mp/fx_oshaberi/4524/%E3%83%88%E3%83%AB%E3%82%B3%E3%83%AA%E3%83%A9%EF%BC%8F%E5%86%86%E3%81%AE%E3%82%B9%E3%83%AF%E3%83%83%E3%83%97

公式回答です!


この記事の参考にしたサイト
参考:【ロンドン市場】各通貨まちまち、米感謝祭控えて方向性希薄
参考:ドルは117円後半、米経済指標見極め-米祝日控え持ち高調整も


2014-12-01 20:03 : トルコリラ : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

衆院選でトルコリラ円を買い増す

10月31日、日銀の追加緩和のおかげてトルコリラ円は50円を突破
私は評価損益が16万円を超えていた。すぐに調整が入って40円代に戻るだろうと思い、利益確定させた。

その後、下がりはじめたと思ったところで、衆議院解散報道があり、
平行または徐々に上がり始めた為替を見て「売るんじゃなかった」と後悔していた。

スワップ派ならスワップ派らしくどんなに評価損益がプラスマイナスになろうと保持し続けること。これが大切だと思う。スワップ派なら。

反省はここまで。

ここからタイトルにあるとおり、トルコリラ円を買い増すかどうか。

いつもトルコリラ円の見通しとして参考にしている
「野村マンスリー投資会議」https://www.nomura.co.jp/market/report/outlook/ex_try.html
の資料に目を通す。
更新は11月10日だが、レポートの内容は2014年10月20日の会議を元に作成されている。いつも参考にしていますが、今回は日銀追加緩和や衆議院解散などがあったので参考にはならない。

そこで株価に注目
株価が上がれば円安になる法則

大和証券は17日、安倍晋三政権が衆議院の解散・総選挙に踏み切った場合にその後の株式相場の展望を選挙結果別に分析したリポートを出した。
「自民党が現状よりも多い300議席を獲得した場合、日経平均株価は2015年3月末にも2万円の大台を回復する可能性があるという。 」
(抜粋:日本経済新聞
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFL17HIO_X11C14A1000000/)

これを信じて買い増しをしようと思います。
浅はかでしょうけど。


2014-11-24 11:05 : トルコリラ : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

外為どっとこむのスワップ・スプレッド比較

外為どっとこむのトルコリラ円のスワップを見てみたところ、とても微妙なところでした。
というのも、今提示されているスワップポイントは12月31日(水)までの期間限定優遇措置であり、通常のスワップポイントがわかるのは年明けとなるからです。その優遇されているとされるスワップポイントは104円です。

トラリピ 98円
セントラル短資FX 103円
外為どっとこむ 104円(優遇措置)

業界最高水準のスワップを適用と謳っているだけあって比較的高いことは高いのです。ただ、それは優遇中だからであって本来のスワップポイントはどのくらいかわかりません。なので、外為どっとこむで手動トラリピをするにしても年明けに本来のスワップが分かってからになると思います。

トラリピやセントラル短資FXと比べるとスワップがそう高いとは思わないかもしれませんが、そもそもこの2社は業界水準の上のほうに位置しています。一番低いところはヒロセ通商の55円で、トラリピの次に多いところがIG証券の78円なので、それと比較するとこの3社は抜きん出てスワップポイントが多いです。


スプレッドは原則固定の7.0銭と私が知っているトルコリラ円取扱FX会社の中で一番低いことがわかりました。

トラリピ 8銭
セントラル短資FX 8銭
外為どっとこむ 7銭

通貨単位は1000通貨からOK



キャンペーンについては20,000通貨と20,000Lotで勘違いしていました。

tag : 外為どっとこむ,トルコリラ円,口座開設,比較

2014-11-13 19:42 : トルコリラ : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

sponsors

給料以外の収入

2013年 +70,550円
2014年 +240,300円

にほんブログ村

にほんブログ村 為替ブログ FX トラリピ・トラップトレード派へ
にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ
にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。